オコメノカミサマ店主の大端絵里香さんが気になる!ボンビーガール





2/9「幸せボンビーガール」開業ガールはお米ラーメンの
大阪都島「オコメノカミサマ」店主のおおはたえりかさん。

吉本新喜劇に出演していた異色のキャリアの頑張り屋さん。
自分が大好きなお粥をヒントにしたラーメンは美味しそう。

コロナ禍で売上減ですが放送を機に爆上げしてほしいです。

開業ガールえりか





えりかさんは24才で食べた「麺道 而今」のラーメンに感動。
店主の森脇さんに弟子入りし厳しい指導を経て25才で開業。

順調にいくはずでしたが自身の病気によりわずか2年で閉店。
ただ入院生活で食べたお粥からお米とラーメンの相性を発見。

もう一度開業資金3000万円でお米のラーメンでチャレンジ!
従業員は全員女性で元客のみさき&ゆり&あさみさんだそう。

twitter
おおはたえりか

お米のラーメン



お米は地元寝屋川米を2週間ごとに10kg4000円仕入れ
椎茸とカツオと昆布の出汁にすり潰した米をブレンド。

麺にも米を入れて自家製チャーシューとつくねをプラス。
材料費が普通のラーメンより高いですが一杯880円とか。

開店当初は月の売上が300万円超えもあったそうですが
コロナと緊急事態宣言でここ半年は150万円以下だそう。

自分の給料がなくメルカリで家電を売るなどでやりくり。
とりあえず毎月売上が157万円以上必要なので大変です。

インスタ
大端 絵里香

起死回生なるか


1月の売上は80万円と大苦戦でしたが給付金が150万円。
なんとかやりくりは出来ましたが来月以降が勝負ですね。

これまでいろいろと試して月ごとの限定メニューを考案。

○2020年12月 カルボナーラませそば
○2021年1月 名古屋コーチン塩ラーメン
○2021年2月 ハラミの牛骨ラーメン

ゲストのカリスマ社長前田裕二さんのアドバイスによると
朝ラーメンと健康志向をキーワードにすれば成功するとか。

煮干しスープのミニらーめんとおにぎりセット美味しそう

食べログ
オコメノカミサマ



まとめ



コロナ騒ぎで飲食店は軒並み大きな打撃を受けていますね。
放送のおかげで多分客足は伸びるはずなので期待できそう。

彼女の経歴に関して一切吉本新喜劇の情報がなかったですが
黒歴史ということではなくて良い宣伝になるのに不思議です。

朝からずっと立ちっぱなし手がパサパサになるハードワーク。
無理すると体を壊してしまうので気をつけてほしいものです。



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!