ナイトスクープ ジム代表の言葉が悪すぎる?梅井隆至さんさんが気になる!





5/20「ナイトスクープ」最初は京都府の奥村渚さん(37才)
小2の息子・貴成(たかみち)くんの通うジムに関する依頼で

「R,S-GYM」代表の梅井隆至さん言葉使いが気になるそうです。
「われ」「おのれ」「ガキ」「クソガキ」などを連呼する代表。

このままでは教育上良くないのでなんとかしたいと真剣でした。

梅井隆至さん


「梅井隆至」と検索するとパンクラスのサイトがヒットします。
2016年に三村亘選手と対戦し3Rを戦い判定負けとありますね。

1994年11月15日生まれで身長166cmとありわりと小さい選手。
YouTubeにチャンネル「R.S-GYM」が理念を語っていましたが

① 礼儀作法を身につける
② 社会常識を身につける
③ 格闘技を身につける

以上の3つをジムを通じて生徒たちに教えていきたいんだとか。
プロMMA戦績11戦6勝3敗2分とそれなりに実績もあるみたい。

YouTube
R.S-GYM

本人に直撃



ということで真栄田探偵が偽番組を装いジムを訪問しましたが
ウワサのとおり怒号が飛びかっていて殺気だった雰囲気でした。

梅井代表は「選手に関心があるから厳しくなる」と自分を分析。
愛情というとエゴかもしれないと言いつつも自信はあるみたい。

しごかれてる選手たちに聞いてみるとほどんどが肯定的でした。
代表の愛を感じるとかボケナスと言われても全然OKなんだそう。

指導を体験



テックジム|プログラミング塾


ネタバレ後に依頼者が代表の指導を体験する流れとなりました。
サンドバッグにパンチやキックを入れてると「ボケナス」発言。

代表から情け容赦ない悪口を浴びせられ渚さん激おこモードに。
ただ「ムカつくけどやる気になる」と一部は肯定してましたね。

最終的に言葉の種類をかえて指導してほしいと伝えられました。
悪口の中で唯一愛着を感じ許せるのが「ボケナス」だとか(^^)

まとめ



息子をジムからやめさせたくても仲の良い友だちがいて難しい。
かといって一人で代表に意見するのも怖くてできないと渚さん。

番組が間に入ったことでいい感じに着地点が見つかりましたが
悪口に関しては代表が努力してもなかなか直らないと思います。

ジムに通うことの悪影響を気にするなら辞めることもアリかも。
いずれにしても身を置く環境が人に及ぼす影響は大きいですね。

error: Content is protected !!