ゴールデン・アップルスネール 寿命や飼育は?脱走に注意!かわいいジャンボタニシくん



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3


NHK「所さん!大変ですよ」はタニシの特集でした。
日本各地の田んぼでジャンボタニシが大繁殖!


苗を食べてしまい被害が拡大しているとか。


一方で観賞用のジャンボタニシ
ゴールデン・アップルスネールが大人気みたいですね。

人気のジャンボタニシ

スポンサーリンク




%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
スクミリンゴガイ(学名 Pomacea canaliculata)は、リンゴガイ科(リンゴガイ、アップルスネイル)の1種の淡水棲大型巻貝である。俗にジャンボタニシと呼ばれるが、タニシとは異なる。
ウィキペディア



いわゆる普通のタニシとは別物で
30年ほど前に食用として台湾から輸入


あまり美味しくないそうですが
タイや台湾では人気の食材のようです。


田んぼのジャンボタニシ駆除のため
スッポンを放流とか農家の皆さんも大変ですね。

ゴールデン・アップルスネールとは





1970年代に南米から輸入された
アップルスネールの改良品種で


見たまんまの金色をしており
大きさはウズラ卵くらいですが


名前の由来となっているように
リンゴの大きさになることもあるとか


うずらとリンゴでは随分サイズが違いますが
NHKがそういってたので真実なのでしょう。


寿命は3~5年といいますから長生き?
その間に卵をどんどん産むので


水槽が大変なことになりそうです。


飼育方法は熱帯魚の水槽に入れるだけ。
23~28度の水温がベストですから


冬場はヒーターがいるかもしれません。
肺呼吸もできるので水槽から脱出も可能


油断しているとすぐにエスケープするので
水槽の蓋はきちんと閉じておきましょう。

スポンサーリンク




普段は弱酸性の水質を好み産卵期は
弱アルカリ性の水質がいいそうです。


餌はプレコフードなどですが水槽の
苔や魚の餌の残りを食べてくれます。


ついでに水草も食べてしまうので
水槽の水質が悪くなる原因とか。


メスは産卵のため水槽の壁をよじ登るので
産卵期は水槽の水位を下げたり


魚から隔離してストレスと与えないなど
ちょっとした配慮も必要のようです


普通に楽天やアマゾンで売ってますね♪


ゴールデンアップルスネール 3匹セット Sサイズ《2〜3cm前後》
(大型水槽のコケ取りに)ゴールデンアップルスネール 3個


ネットでジャンボタニシを購入とか
便利な時代になりましたね。

まとめ




スクミリンゴガイの輸入が解禁され
タイから続々とカラフルなタニシが押し寄せてます。


ジャンボタニシの里帰りということで
なんとも複雑なところですね。


確かに金色のタニシくん
キレイというか可愛いというか


観賞用のペットとして
人気が出るのも頷けます。


今後ブームに乗っかってタニシで
一攫千金なんて人も出てきそうですね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!