鈴木敏文の経歴や年収は?長男や自宅もチェック!コンビニの父が引退



キャプチャ

セブン&アイHD会長が…



「コンビニの父」鈴木敏文さんが引退を表明

今トップニュースで報じられています

4/7の取締役会で一悶着あったようですが



改めて鈴木氏の歩みを振り返ってみたいと思います

プロフィール

スポンサーリンク





●名前 鈴木敏文(すずきとしふみ)

●生年月日 1932年生

●出身地 長野県

●最終学歴 中央大学経済学部卒業

経歴や年収



大学卒業後ジャーナリストを目指すも断念

東京出版販売(トーハン)に就職

その後株式会社イトーヨーカ堂へ就職


1973年に株式会社ヨークセブンを設立

アメリカで流行っていたコンビニ事業参入を決意

その後破竹の快進撃で会社を大きくしていきます


「他のコンビニに入ったことはない」

その強気な発言どうりセブンイレブンは

コンビニ最大手に成長します

気になる鈴木氏の年収は2014年のデータでは

報酬額2億4800万円となってました

長男や自宅

スポンサーリンク





長男は鈴木隆文さんで(消化器外科の医師)

ちなみに次男の鈴木康弘さんは(日テレ7取締役)

(セブン&アイ・ホールディングス取締役)


自宅に関しては詳細は分かりませんでしたが

生まれ育った実家は長野県東部埴科郡坂城町

自然豊かな千曲川が流れる盆地で

9番目の子供として生まれられたそうです

まとめ



鈴木氏と社外役員の意見が衝突したようですが

それでけの理由で引退とは信じられません

権力にからんだドロドロとした争い?


大塚家具の例のお家騒動を思い出します

鈴木氏の年齢を考えればいつかその日が

来ることは間違いありませんが…

とにかく「創業者」という立場は大変ですね

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

error: Content is protected !!