カネル(孤児チンパンジー)とパトリシアの感動物語!密猟の悲劇から野生への旅立ち NHK



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

カネル~野生への旅立ち



いつになってもなくならない密猟問題。
人間のエゴが動物たちを苦しめています。


密猟者たちは生活のためなのでしょうが
なんとも悲しい現実です。


そんななか孤児チンパンジー
カネルちゃん(メス)とパトリシアさんとの


5年間に渡る心温まる交友の様子が
Eテレで紹介され話題となってます。

カメルーンでの保護活動

スポンサーリンク





主人公のカネルちゃんは残念なことに
生後半年のときに母を密猟て亡くしました。


密猟というと象や犀(サイ)を連想しますが
チンパンジーも狙われるんですね。


近年では野生動物を殺傷する目的の
スポーツハンティングも人気で


アフリカの動物たちは苦しんでいます。


人間に近い動物のチンパンジーは
繊細でデリケートな一面があり


幼少期は特に母からの愛情を必要とします。
そんなときに孤児となってしまったカネルちゃん…


彼女は試練を乗り越え再び野生へと
戻っていけるのでしょうか?


傷ついた動物たちの保護活動をしている
パトリシア・ルシェーブさんの


現地での5年間に及ぶ訓練は実を結ぶのか?
感動のドキュメントが放送されます。

チンパンジーの生態

スポンサーリンク




チンパンジーは、霊長目ヒト科チンパンジー属に分類される類人猿。 ウィキペディア
学名: Pan troglodytes
寿命: 50年 (飼育下)
食性: 雑食性 Encyclopedia of Life
保全状況: 危機 (減少) Encyclopedia of Life
妊娠期間: 243日
分類階級: 種
体重: オス: 40 – 60 kg (成体)、 メス: 32 – 47 kg (成体)



志村動物園のパン君などを見ていると
人によくなつき愛嬌たっぷり(^^)


賢く多芸で能力の高さに驚きます。
志村園長と卓球する姿は衝撃的でした。


思わず中に人間が入ってるのかと思いました。


もちろん野生のチンパンジーは凶暴な一面もあり
下手に近づくと大怪我することもあるので要注意です。

どうやって野生に返す?



人間との暮らしに慣れた動物を
再び野生に戻すのは一苦労。


餌の問題や天敵の問題に加え
野生のチンパンジーの群れに馴染めるのか?


パトリシアさんも我が子のように
心配でたまらない思いだったでしょう。


雛鳥が親鳥から巣立っていくように
カネルちゃんにもいつかその日が…





番組が始まる前からちょっと泣けてきます。
私も家で猫を3匹飼っていますが


情が移ったペットを手放すなんて
考えただけで悲しくなります。


カネルちゃんとパトリシアさんの
愛の絆がずっと続いてほしい。


そんな思いにも駆られてしまいます。
とにかく放送が楽しみですが


ハンカチを用意してテレビを見たいと思います。



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!