ドイツおにぎり専門店「ワラク」(Waraku)の場所はどこ?ボーンケ氏と日本人妻が奮闘中!



キャプチャ

ONIGIRIはいかが?



ドイツ西部に位置する街デュッセルドルフ

人口60万人ほどですが多くの日系企業があり

現地では日本人街として有名です



2010年にそこにオープンしたのが「Waraku」です

おにぎり大人気!

スポンサーリンク





店の主人はドイツ人のファビアン・ボーンケ氏

日本人妻と結婚したボーンケ氏はおにぎりの魅力にハマり

ドイツでおにぎり専門店を開くことを決意


最初は日本人客向けの販売でしたが今では

全体の6割が外国人(ドイツ人やオランダ人)だそうです


ボーンケ氏は米も海苔も日本産を使用し

福島原発の事故の後は現地の人の不安を考慮し

放射能測定機で日本からの食材をチェック

安心安全なおにぎり(1個2.5ユーロ)を販売中です

人気メニューは?

スポンサーリンク





現地の日本人に人気なのは「ツナマヨ」「鮭」「明太子」

調理はすべて日本人スタッフが行い

合成保存料、化学調味料、乳糖などは使用せず

食材本来の味で真っ向勝負しています


外国人に人気なのは肉系の具材が入ったおにぎり

特に「照り焼きチキン」がよく売れるそうです

和食文化が定着した現地ではもうお馴染みのテイスト


他にも「ツナマヨ」「鮭」「きんぴら人参」のような

一般的な普通のおにぎりも人気メニュー

「納豆」「明太子」はまだ認知度は低いようですね

場所はどこ?





ドイツ・デュッセルドルフのインメルマン通り

Immermannstr 27 40210 Düsseldorfにあります

googleのストリートビューを見るとここが

日本人街であることがよく分かりますね


ただこの地図が作製されたのが2008年8月とあるので

写真にはまだ「Waraku」の看板はありません

まとめ



お店は繁盛しておりおにぎりが1日毎日平均250個

土曜日には500~600個も売れていくそうです

和食ブームが広まり、お寿司、ラーメンが人気ですが

日本のソウルフードおにぎりも結構きてますね!


最初は「見た目が黒い」とか「海苔が臭い」とか

ととまどう外国人も多いですが実際おにぎりを食べると

その美味しさにハマっていくみたいです♪

「waraku」のおにぎり食べて見たくなりました(^_^)



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!