ヌーハラ(ヌードルハラスメント)の意味とは?外国人が困惑する日本の”すする”文化



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ヌーハラ(ヌードルハラスメント)



セクハラ、パワハラ、マタハラなど
~ハラという言葉が次々に誕生しますが、


ヌーハラなる新語が話題となっています。
ヌードルハラスメントつまりアレ。


外国人が日本にきて戸惑う、
ラーメン、そば、うどんをすするあの音です。

”すする”習慣に賛否両論



昨晩のフジ「ユアタイム」や
今朝の「とくダネ!」でも扱われました。


確かに食事のマナーは国によって違いますから
互いに驚くこともあることでしょう。


意外だったのは市川紗椰さんの一言で
「私は絶対にすする」


可愛い顔をして言うことはおっさん(^^)
ちょっと親近感を感じました。


日本人でも”すすり”肯定派と否定派に分かれ、
個人の好みの問題と言えそうですね。

マナー違反?

スポンサーリンク





外国人、特に西洋人たちのテーブルマナーからすると
「ズルズル」音を立てて食べるのはNG


野蛮とか下品、低俗、教育水準が低いなど
かなりマイナスイメージになるようです。


確かにスパゲッティを食べるときも
スプーンで巻いて音を立てずにパクっ。


そもそも箸ではなくフォークですから
すすり食べることが難しそう。


ただこの問題をハラスメントというと
ちょっと大げさな気がします。


隣の席でタバコを吸われたほうが、
よほど嫌な人も多いはず。


パワハラやセクハラに比べれば
なんのことはない些細な問題に思えます。


これは互いの違いを認め、譲り合いの精神で
なんとかなりそうですね。

すすることに意味はあるの?

スポンサーリンク





そうしたほうが美味しくなるといいますが、
個人的にこの違いがよくわかりません。


食感や味覚に少しは作用しそうですが、
基本的にあまり変わらない気がします。


音を立てて食べたほうがツウというか
粋な人、違いがわかる人となるのでしょうか。


どちらにしてもこれは個人の選択の自由


ただ尋常じゃないレベルで音を立てると
騒音(90デシベルとか)になりますので


そのあたりは常識的なマナーが必要になりそうです。

まとめ



ヌーハラとかヌードルハラスメントというと
小さな問題が大きく見えてしまいます。


かといってこの問題を表す固有名詞も
これといってこれまで存在しませんでした。


今後もヌードルハラスメントという文字を
幾度となく目にすることになるかもしれません。


個人的にはこれまでどおり麺類を
すすることなく静かに食べようと思います。


まあ、外国人でも思いっきり
ズルズル食べる人もいますから


人それぞれということでしょうか(^^)

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

error: Content is protected !!