西佐知子(バスガイド)昭和の町でテッパン話芸!ボンネットバス「昭和ロマン号」で人気



西佐知子(にしさちこ)バスガイド

旅の思い出はいろいろありますが
ご当地バスガイドさんもその一つ。

スゴイ美人ガイドさんも良いですが
話芸で盛り上げてくれるガイドさんもステキです。
西佐知子さんはまさにそんな人ですね(^^)

昭和の町でテッパン話芸

西さんの昭和のノリがいいですねw
ダジャレあり、客いじり、濃い昭和キャラと

まるでプロのベテラン女芸人みたいですが
これが一般のバスガイドとは驚きです。

ここが大阪ならありがちなことですが
大分県豊後高田市で活躍されてます。

昭和ロマン号というテーマが
彼女のキャラにピッタリです(^^)

昭和の町とは?


昭和の町は豊後高田(ぶんごたかだ)に作られた
年間約40万人の来訪者が訪れる人気スポット

昭和30年代をテーマに再現された建物群
(昭和の町認定店)は現在40店舗を数えます。

明治でも大正でもなく昭和レトロにこだわった
ノスタルジックな町並みが親近感を深めますね。

ゆるキャラの「ラッピー」と「カモン」や
6人いる昭和の案内人も観光をサポートし
懐かしいだけでなくいろいろ学べそうです

昭和ロマン号がカッコイイ

スポンサーリンク



ボンネットバスが現役で走っているだけで
タイムスリップ感がハンパないですね。

バスは土日を中心に一日に9本ほど運行され
昭和の町ミニ周遊コース(約15分)

ちょっと乗車時間短めですが西さんの案内で
車内は爆笑の連続で楽しそうですね。

バス運行予定の詳細はトピックス
月ごとのスケジュールをご確認ください。

まとめ


西佐知子さんの強烈なキャラは恐らく
営業のためのネタなんだろうと思います。

昭和の町というテーマパークの中で
昭和30年代の元気な主婦を演じて
当時の雰囲気を肌で感じてほしい…

だとしてもこのお仕事は天職というか
西さんの弾けっぷりはスゴイです(^^)

こういう無形のテッパン話芸もぜひ
後世に残したい遺産の一つと言えますね。
R-1グランプリ狙えそう!?



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!