パナマ文書 アンギラに出会い系サイト?香港へ個人情報を流す黒幕とは?NHKスペシャル



キャプチャ

パナマ文書~情報流出の黒幕



今夜のNスペはパナマ文書
事件の真相が恐ろしいですね。


浅川和彦氏の消えた年金問題と
タックスヘイブンとの接点や


出会い系サイトの設立に
暴力団の影が見え隠れしたり…


個人情報保護の大切さが身にしみます。

パナマ文書その後

スポンサーリンク





国際調査報道ICIJにNHKが潜入し
700人の日本人リストの調査が行われました。


キャンディキャンディの作者
いがらしゆみこさんも被害にあって


誰かが勝手にペーパーカンパニーを設立。
サインも偽造されていて怖いですね。


浅川和彦氏はAIJ時代の事件には
あまり触れたがらず真相究明には至らず。


刑務所に入ったのでもう
洗いざらい話もいいのでは?

アンギラに出会い系サイト?



とあるレンタルパソコンショップから
パスポート情報が裏社会に流れたようです。


パソコン店もグルなのかわかりませんが
情報が香港の仲介業者へ送られ


モサック・フォンセカ法律事務所を経由し
アンギラでペーパーカンパニーが設立


十分な本人確認もせずに簡単な
メールでのやりとりで出来てしまいます。


料金は5万円ほどのようですが
香港のこのシステムは問題ありですね。


小豆島に住むごく普通の女性(多々羅さん)は
出会い系サイトの運営者にされていて


本当に恐ろしい話で気の毒でなりません。


香港で登録の取り消しを行いましたが
現地のブローカーの担当者もいい加減ですね。


自分は法律に違反しておらず
パナマ文書の被害者だという意見には絶句します。


多々羅さんの問題は解決したのでしょうか
気になります。

黒幕は日本の投資会社?

スポンサーリンク





香港に情報を流しているのは
日本の投資会社だそうですが、


ビジネスヤクザとういことでしょう。
出会い系サイトも資金源になってるとか


日本の裏社会の闇は深そうです。
HK01(香港)の今後の調査に期待。

まとめ



パナマ文書の解明はまだまだこれから…
どこまで真実が見えてくるのでしょう。


消えた年金はまず見つからず
資金洗浄はイタチごっこ。


見えている事実は氷山の一角で
今後の調査は困難なものになりそうです。


いずれにしも自分の情報は
自分で守らないと行けませんが


今後本人確認のための書類とか
(免許証やパスポート)怖いですね。


誰を信頼してよいのか途方にくれます。



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!