血糖値スパイクの症状と検査方法は?突然死の予防に何ができる?



キャプチャ

血糖値スパイク・何ができる?



今夜のNHKスペシャルは大注目ですね。
糖尿病・心筋梗塞の原因として聞き慣れない、
「血糖値スパイク」が取り上げられます。


血糖値は馴染みある言葉ですが、
スパイクという名前が足されていて、
何なのか気になりますね。

血糖値スパイクの症状

スポンサーリンク





詳しい内容は番組で取り上げられますが、
アバウトに言うと血糖値スパイクとは
食後高血糖ということのようです。


飲食の直後に急激に血糖値が上がること。
これが様々な健康被害の原因になるみたいです。


急激な血糖値の上昇で活性酸素が発生し
血管の壁を傷つけ、その修復に集まった免疫細胞が
血管を詰まらせて、心筋梗塞を引き起こす…


他にも血糖値スパイクによって
膵臓で作られるインスリンの効きがおかしくなって
血液中の糖分量が増えてしまって…糖尿病ですね。


血糖値スパイクって恐ろしいですね
フードファイターとか大丈夫なんでしょうか?
ものスゴく危険な食べ方に思えますが。

血糖値スパイクの検査方法



自分が血糖値が上がりやすい体質かどうかは、
どうすれば分かるのでしょうか?


「75gブドウ糖負荷試験」という検査があるようです。
この検査は人間ドックなどで受けられますし、
希望すれば、受診できる医療機関もあるようです。


これはブドウ糖が入った甘い液体を30分ごとに飲み、
2時間後までの血糖値を調べる検査のことで、


自分が血糖値スパイクになりやすい体質か、
診断することができるようですね。


人によってどれくらい個人差が生まれるのか、
ちょっと気になりますね。

予防に何ができる?

スポンサーリンク





血糖値スパイクが食事と密接に関係しているので、
予防対策はそのあたりになりそうです。


血糖値が上がりやすい食べ物(炭水化物)を減らし、
ゆっくりと食事をすることや
食べる順番に注意すると効果的みたいです。


例えばおにぎりより先に唐揚げを食べると、
肉に含まれる脂質やタンパク質に反応して、
胃の動きがゆっくりになって、血糖値スパイクなりにくい。


そういうちょっとしたことが予防になるのだとか。
今まであまり気にしたことがなかったですが、
糖尿病が怖いので注意したいですね。

まとめ



現在全国に1400万人もいるといわれる
血糖値スパイクが原因の糖尿病患者予備軍。


とくに働き盛りの男性が要注意らしいので、
本当に気をつけたいですね。


血糖値スパイクがあらゆる病気の原因ともあるので、
どんな番組になるのか今から楽しみです。


予防のために何が出来るのか要チェックですね(^_^)

(血糖値が気になる方へオススメです↓)
糖の不安と上手に付き合うサプリ




シェアする

フォローする

error: Content is protected !!