夏井いつき(俳句)本名は?結婚や夫もチェック!プレバトの毒舌で話題



キャプチャ

メッタ斬り!



「プレバト!」でお馴染みの俳句の夏井いつき先生

超毒舌キャラですっかり有名になりましたね

大物芸能人にもお構いなしのめった切りに



ヒヤヒヤされられますが…痛快で面白いですね(^_^)

プロフィ-ル

スポンサーリンク





名前 夏井いつき(なついいつき)

生年月日 1957年5月13日

出身地 愛媛県南宇和郡内海村

職業 俳人

最終学歴 京都女子大学文学部国文科卒業

再婚と夫



すでに既出ですが現夫とは再婚になります

20代で最初の結婚をされましたがしばらく前に離婚

前夫の苗字「夏井」を俳号にされました


旧姓や現夫の苗字が何か気になりますが

下の名前は伊月(いつき)は正解みたいです

二人の夫との馴れそめはやはり俳句なんでしょうか

恋文を俳句でなんて源氏物語の世界ですね♪

子供



前夫との間に二人の子供さんがおられますが

息子の正人さんと娘のふみさんは共に結婚され

夏井いつきの100年俳句日記の中で

お孫さんたち(タイちゃん、リー君)が登場しますね


孫にはすっかりデレデレな夏井先生

いつもの毒舌はどこにいったんでしょう(^_^)

お母さんの後を継いで子供さんたちは俳人になるのかな?

それも気になるところです

なぜ毒舌?

スポンサーリンク





最初に夏井先生を見たときは衝撃敵でした(゜-゜)

相手が誰だであってもズバズバ切り倒します

これが例えば同じく毒舌な上沼恵美子さんなら

いわゆる大御所たちには気をつかってそこまで言いません


夏井先生は本当に言いたい放題でスゴいです

これは番組サイドからの演出もあると思いますが

見る限りそういう性格なんでしょう


無理して作り込んでいるキャラではないみたいです

島田紳助さんの「愛してるから悪口が言える」

そんな哲学に相通じるものを感じますね

まとめ



俳人の夏井先生はすばらしい才能の持ち主で

毒舌すぎて嫌いな人も多いかもしれませんが

実は家族思いの「いい人」だったという結論に…


ものすごくアバウトな言い方になりましたが

先生の厳しさは愛情の裏返しということにしておきます

今後の活躍も期待しています(^_^)



シェアする

フォローする

コメント

  1. 三河の海猿 より:

    夏井先生はテレビで拝見する限り、俳句の寸評というより、俳句を人生として捉えている姿が最高ですね。人間の感性をより引き出してくれる存在だと思います。

  2. 野本 亭 より:

    あれだけ言葉の表現に拘る人が、添削で、「こうして上げると良くなる」と、今流行りの、してあげる、の不適切な表現をします。どうして、こうするると良くなる、と正確な言葉が使えないのか、合点が出来ない。「してあげる」は昔の高学歴のお上品な母が子供やペットに使い始めたと記憶しています。「してやる」が本来の使い方。

error: Content is protected !!