ニューヨークの電車男 ダリウス・マッカラム 「Train Man」で映画化に!






2/6「世界まる見え!テレビ特捜部」で
ちょっと困った電車男が紹介されました(^^)


地下鉄ジャック男・ダリウス・マッカラムさん


理解に苦しむ”犯罪”での逮捕歴は30回以上
彼のライフストーリーも映画化されるとか

ニューヨークの電車男

スポンサーリンク







子供の頃から乗り物が大好きで
地下鉄や駅に入り浸る毎日


人付き合いが苦手な性格でしたが
MTAの職員から気に入られ
地下鉄の運転を教えてもらったとか


これまで30年以上に渡り500回以上
バスや地下鉄を無断で運転


MTA最高責任者のバッジを入手したり
MTA施設の合鍵を量産するとか
冷静に考えるとかなりヤバい犯罪


MTA(ニューヨーク州都市交通局)の
セキュリティーチェックがユルユルで
ちょっと心配になります。


マッカラムさんがもしテロリストだったら…
そう思うと恐ろしい話です。

なぜ”犯罪”を繰り返すのか?



悪いとの自覚はあるようですが
悪魔の囁きに負けてしまうそうです。


専門家はアスペルガーと言ってますが
もっと根深い問題がありそうです。


分かっていてもやめられないという
意志の弱さが一番の原因でしょうか


ちょっと笑ってしまう犯罪ですが
病気だとしたら可哀想でもあります。


厳罰化でも再犯を防げず困ったものです

電車男 Train man

スポンサーリンク





映画化の話は結構ビッグなもので
マッカラムさんの弁護士役に
ジュリア・ロバーツさんの名前が上がり


彼女が演じる弁護士サリー・バトラーさんの映像が
デイリーメール紙で紹介されています。


恐らく映画の内容は弁護士の葛藤に
焦点が当てられるのでしょう。


ジュリア・ロバーツさんと電車男との間に
どんなドラマが生まれるのか気になります。


映画の収益の分配をめぐりMTAが
異議申し立てをしているとのことですが
まあ、それもそうですね。

まとめ



鉄道オタクはアメリカにもいるでしょうが
マッカラムさんは別格ですね


彼の場合は趣味の領域を超えて
犯罪をおかすまでになりましたが


アスペルガーとの関係が強調されすぎて
ちょっと違和感を覚えました。


いずれにしてもアメリカの電車男の
キャラが強烈すぎて印象に残ります。


映画「Train Man」大ヒットの予感(^^)

世界まる見え!テレビ特捜部

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!