政井貴子は独身?経歴や大学もチェック!新生銀行から日銀審議委員へ






日銀審議委員の人事でサプライズがあったようですね

マイナス金利政策に批判的なメガバンク出身者は排除

代わりに金融枠で選ばれたのが新生銀行の政井貴子氏


しばらく金融緩和制作は継続されそうです

政井貴子 経歴と大学

スポンサーリンク




キャプチャ
新生銀行 執行役員 金融調査部長
政井 貴子(まさい たかこ)
経営学修士。トロントドミニオン銀行資本市場部アソシエイトディレクター、クレディアグリコル銀行金融商品営業部部長を歴任の後、2007 年5 月新生銀行に入行。キャピタルマーケッツ部部長、市場営業部部長等歴任後、2013 年4 月より新生銀行初の女性執行役員に就任。
テレビ出演や新聞雑誌での経済コメントや寄稿提供、セミナーでの講演も多数。
新生銀行HPより(平成28年4月1日現在)


生年月日は不明でしたが現在50歳

経歴からは経済に明るい方であることが分かります

テレビ出演多数とあるのでメディアなれされてるのでしょう


どこの大学を出られたのかをググってみると

法政大学経営学部経営学研究科とありました

経営学を学ばれてたみたいでいかにもって感じですね

独身?



家族や旦那さんに関する情報が見つかりませんでした

晩婚が当たり前となってきているので独身だとしても

不思議ではありませんが…


これだけのキャリアの方ですからお相手がどんな方か

とても気になりますね

意外と年の差婚で旦那さんが25歳とか(^_^)

そのパターン面白そうです

紅一点

スポンサーリンク





現在日銀審議委員の中で女性は政井貴子氏だけ

しかも中堅の新生銀行から選ばれてるので

なぜ?という疑問が噴出してるようです


政府与党と黒田総裁体制によくマッチした人事?

金融決定会合で票が割れにくくしようとしたのでしょうか

政井氏はマイナス金利政策に肯定的と言われてますから…

まとめ



本来中立的な立場でないといけない日銀ですが

与党と日銀はとても蜜月な関係に見えてしまいます


アベノミクスのための日銀人事が有識者からは丸見え

どちらにしてもこの体制で経済問題を扱うことになりますが

政井氏には自身の信念に基づいた正しい判断を期待します

それにしても経済という生き物は…厄介なものですね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!