丹羽順子(コスタリカ)の経歴がスゴい!世界ナゼそこに?日本人より



キャプチャ


ワニや毒グモがいるジャングルで暮らす

未婚のシングルマザー丹羽順子さん

娘の天藍ちゃんと訳あっての二人生活


コスタリカの雄大な大自然の中で

たくましく生きる姿がステキでした

丹羽順子プロフィール



この方の経歴が結構スゴかったりします

今日の番組ではほぼスルーされましたが

経歴を紹介すると…

1973年神奈川県生まれ。慶応大学卒業後、NHK入社。3年間報道記者として勤務。退社後は日本映画学校で講師をしながらドキュメンタリストとして活動する。2003年イギリスのミドルセックス大学院に進学、持続可能な開発とリーダーシップコース修了。帰国後、フリーランスのサスティナビリティー活動家としてドキュメンタリー制作やイベントMC、各種講師など様々な分野に携わる。


もっと詳しいプロフィールはこちらからどうぞ

コスタリカ共和国

スポンサーリンク





南米では教育水準が高い有数のリゾート地

環境先進国でもあり軍隊を持たない国家


都市部では残念ながら犯罪率が高く

かなり危険な国とも言えますが

手つかずの大自然は迫力があります


日本から13000km離れた人口476万人の国に

丹羽順子さんがやってきた理由は…

なぜコスタリカ?

スポンサーリンク





経歴から明らかですが自身の活動のために

最も理想的な国に引っ越されました


旦那さんとの関係は複雑みたいですが

子供の幸せのための選択だったみたいです


タイにはなかった世界一素晴らしい学校

そこに娘を通わせるための決断でした


確かにジャングル生活は不便ですが

娘さんと過ごす時間が何より大切

天藍ちゃんの生き生きとした笑顔が印象的です


金儲けより人間本来の幸せの追求…

いろいろと考えさせられます

感想



人の生き方は十人十色

何が正解か他人が決めることは出来ません


丹羽順子さんは自身の生い立ちから

家族の幸せとは何かを考え

外国でのジャングル生活を選択されました


映像を見る限り楽しそうな暮らしぶりで

こんな生き方もあるんだなと勉強になりました


社会活動家とでも言えばいいのでしょうか

この方について調べれば調べるほど

何をされているのかよく分からなくなりますが…


とにかく遠い異国の地で奮闘する丹羽さん

元気にたくましく頑張ってほしいですね♪

「世界ナゼそこに?日本人」一覧

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!