ジェシーグラフがワンダーウーマンすぎる!身体能力の高さはなぜ?「SASUKE2017」





10/10「SASUKE20周年記念大会」は
ステージ3クリアはなかったですが
数々のドラマが生まれ感動しました。

一番の驚きだったのは何と言っても
アメリカから来たワンダーウーマン
プロスタントマンのジェシーグラフさん

難関のステージ2をクリアするなんて
強靭な肉体にただただビックリです。

ジェシーグラフ プロフィール

スポンサーリンク



● 名前 ジェシカ・ローレン・グラフ (Jessica Lauren Graff)
● 生年月日 1984年1月12日
● 出身地 アメリカ・ニューヨーク
● 学歴 ジョージア工科大学とネブラスカ大学
● 職業 プロテスタントウーマン
● 公式サイト jessiegraff.com  
● インスタ jessiegraffpwr
● フェイスブック JESSIEgraffPWR

スタント出演作品は?


IMDBに詳しい情報がありますが
ジェシーさんのスタントキャリアは
1998年から始まっているようです。

映画やテレビへの出演本数も多く
その人気の高さがうかがえますが
代表的な作品を幾つかあげると

□ 映画「ワンダーウーマン」(2017)
□ TVシリーズ「スーパーガール」(2015~2016)
□ 映画「テッド2」(2015)
□ TVシリーズ「ナイトシフト」(2015)
□ 映画「Xメン」(2011)
□ 映画「ナイト&デイ」(2010)
□ TVシリーズ「ヒーローズ」(2009)
□ 映画「ダイハード4」(2007)


2007年以降はスタントだけでなく
女優でも多くの作品に出てます。

ビジュアルもキレイでカッコよく
志穂美悦子さんを思い出しますね。

ニンジャウォーリアーズのときの
ヒロインコスチュームのステキ♪

身体能力の高さはなぜ?

スポンサーリンク




サーモンラダーを軽々とクリアし
クリフハンガーも後もう少しでした。

Mr.サスケ率いる黒虎の男たちと
全く遜色のない鋼の肉体の秘密は

棒高跳び、テコンドー、高飛び込み、
体操、ボルタリングなどの経験と
日頃のトレーニングにあるようです。

3歳のときに見たサーカスに触発され
アクションの世界に憧れたそうですが
その選択は間違ってなかったですね。

日本での大活躍も話題のようです。

まとめ


American Ninja Warrior人気ですね。
USA色にショーアップされてますが

基本部分はサスケを踏襲してるので
見ていて思わず熱くなってきます。

観客の熱量はさすがアメリカですが
ステージの難易度は日本が上でしょうか。

どちらにしてもジェシーグラフさんは
別格で異次元のパフォーマンスでした。

次回のサスケへ参加を表明してたので
完全制覇をぜひ実現してほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!