平内真矢 歌唱王2016 亡きおじいちゃんへ魂の熱唱!「喝采」「山河」が泣ける



平内真矢 歌唱王2016



「歌唱王2016」は見ごたえがありました。


オペラに演歌にJ-POPにミュージカルと
なんでもありの異種格闘技戦でしたが


優勝した西村実莉(15)さん
とにかくおめでとうございます。

歌唱王2016の感想

スポンサーリンク





誰が優勝してもおかしくないレベルで
審査員の先生も大変だったと思います。


視聴者による採点については
いささか疑問のあるシステムでした。


4時間の長丁場で前半は事前収録、
後半は生放送という番組構成


全部生放送でもよかったのでは?
ちょっともったいないと思いました。

歌唱王2016 私のベスト3

スポンサーリンク





歌い手たちは誰もが素敵でしたが
私の勝手なランキングのベスト3は


第3位は山口まりの さん(17歳)
決勝戦で歌った「糸」が良かったです





クリス・ハートさんがウルウルしてて
私もジーンと来るものがありました


第2位は一條貫太さん (20歳)
井沢八郎さんの「男傘」を披露しましたが





出だしの声量と迫力に圧倒されました。
まさに昭和の演歌歌手そのものですね。


そして第1位は…

平内真矢 マイベスト1位






平内真矢さんはアクターズスクール広島に在籍
島根のPRユニット「peony(ピオニー)」のメンバー


歌がうまいのはもちろんなんですが
亡きおじいちゃんへの思いがひしひしと伝わり


心の琴線に触れるものがありました。


12歳にしてちあきなおみさんの「喝采」
五木ひろしさんの「山河」という選曲


魂の叫びのような感情表現とあいまって
この子こそ真のチャンピオンだと思いました。


流行りのJ-POPで勝負したほうが
もしかしたら点数が伸びたかもしれませんが


あのルックスに昭和歌謡というミスマッチが
強烈なインパクトで印象に残ります。


昭和歌謡というジャンルだけの大会なら
彼女が優勝していたかもしれません。

まとめ



誰か一番を決めないといけないのでしょうが
なんとも難しいところですね。


テレ東の「カラオケバトル」だと
コンピューターによる採点システムなので


審査の基準がはっきりしていますが
あれもあれでテクニックに偏りがち。


人間による採点だと審査員しだいだし…


いずれにしても全力で歌いきった歌手の皆さん
それぞれがそれぞれ輝いてました。


平内真矢さんの今後の活動も楽しみです♪



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!