カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)症状と治療と感染対策は?「悪夢の細菌」に警戒!



cre

カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)



米国では「悪夢の細菌」とよばれる
カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)


初めて名前を聞く人も多いはずです。
福岡の久留米大学病院で感染例が確認され


死亡者も出たことから注意が必要です。

CREの症状は?

スポンサーリンク



 CREによる感染症は、大腸菌や肺炎桿菌が主体であり、尿路、呼吸器、肝胆道系、菌血症・敗血症、その他各種感染症の原因となり得る
BDより



専門用語を使ってうまく説明できませんが
症状が多岐にわたり厄介ですね。


敗血症などは治療が遅れると
死亡するケースもありとても危険


「悪夢の細菌」が日本でこれまであまり
話題にならなかったことが不思議です。

CREの治療は



保菌しているだけでは症状がなく
手術後の入院患者や新生児など


抵抗力の低い人に感染しやすい
新タイプの耐性菌の治療ですが

 CRE 感染症に単独で有効な抗菌薬は限られている。既存の抗菌薬の中ではコリスチンかチゲサイクリンがまず候補に挙げられる。
BDより



カルバペネム系の抗菌薬が効かないため
治療の難しさが指摘されてます。


体の免疫力が落ちているとき
感染リスクがあり要注意ですね。

CRE感染対策

スポンサーリンク



CREに対する感染対策は接触感染予防策が行われる。すなわち他の耐性菌と基本的な対策は同じである。
BDより



国内で感染例が少ないことから
まだわからないことが多いみたいです。


上の対策は病院内での話ですが、
一般的には手洗い、うがいの徹底でしょうか。


殺菌作用の高い石鹸で手をキレイにしたり、
消毒液等の活用などが有効かもしれません。





まとめ



インフルエンザの季節にCREとか聞くと
ちょっとブルーな気分になりますね。


自分もそうですが体調を崩している
家族や友人たちのケアも大切


入院中の患者さんのお見舞いのとき
自分が原因で感染が起きないようにと思いました。


それにしても病気って怖いですね
十分な手洗いを心がけたいものです。



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!