バジャウ族の海上生活がすごい!鼓膜が破れても海底(水深40M)を歩く民族!



キャプチャ


並外れた身体能力を持つ民族というと

アフリカ・マサイの驚異の視力とジャンプ力を

思い浮かべる人が多いと思いますが



今回紹介するのは驚きの海上生活をするバジャウ族です

海の上の漂流民族




フィリピンのセブ島近辺で生活する彼らは

海の上で生まれ、海の上で暮らし、海の上で生涯を閉じます

彼らには正式な国籍というものがなく

漂流民族という名前で呼ばれています

脅威の潜水能力

スポンサーリンク





彼らを有名にしたのがその独特の潜水術

魚を獲るために海に潜るわけですが

酸素ボンベなしでゴーグルひとつで素潜り!


しかも潜水するのが水深40Mの海底(゜-゜)

水中でもの凄い水圧がかかるわけですが

そのおかげで鼓膜が破れる人も多いそうです

漁の仕方



まず船の上から獲物となる魚をめがけ

足に石をはさみ一気に海底にダイブ

水深が深くなる(10~15M)と人の体は浮かなくなり

彼らのように海底を歩くことが可能になります


漁に使う道具はライフルのような形の水中銃

狙いを定めて魚を打ち抜きます

潜水能力の秘密



一歩間違えればそく死にいたる危険な漁を

先祖代々受け継いる彼らの体には

何か遺伝的な特徴があるに違いありません


後天的な要因もありますが先天的な要因が必ずあり

その科学的な解明に世界の注目が集まってます

バジャウ族のこれから

スポンサーリンク





彼らの生活様式にも近年変化が見られ

伝統がやがて消滅するのではと危惧される一方

バジャウの子供たちの多くがきちんとした


教育を受けていないという問題点もあり

果たして海の上で生活し続けることが正解なのか

議論の余地はありそうです

実際に伝統的な素潜り漁業から陸地にあがり

農業に転向する人も現れるようになりました

まとめ



キャプチャ


世界の人の数ほど人の生き方はあると言いますが

これほど違う環境で暮らしている人を見ると

ただただ驚くばかりです(゜-゜)


鼓膜を破ってまで海底で漁をするバジャウの伝統

それを守り続ける彼らのたくましさにちょっと感動

もちろん私にはとうてい出来ませんが…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!