アトラトルの飛距離や作り方が気になる!マスターキートンも持ってた?「イッテQ」





6/18「イッテQ」のみやぞんスゴかったですね。
世界の果てまでイッタっきり企画でしたが
アトラトル&ヌンチャクかっこよかったです。

アトラトルって何ぞやと思った人も多いはず。
気になったのでちょっと調べてみました。

アトラトル in アメリカ

アトラトル(atlatl)は、小さな槍を投擲する、手持ちの投槍器・投矢器である。ただ単にスピアスロアー(投槍器)と言う事もある。中央アメリカ一帯、特にアステカで使用されていた。
ウィキペディア


中央アメリカで独特の進化を遂げたアトラトル。
ヨーロッパ人が来るまでは主要な武器だったとか。

中央アメリカで投槍器が発達した理由は
馬がいなかったことと森林地帯という地形。
弓のかわりにアトラトルが重宝されたようですね。

飛距離や作り方は?

スポンサーリンク



やり投げと違ってテコの原理が働くので
一般的な男性でも130mほどは飛ばせるそうです。
みやぞんも100mを軽くクリアしてましたね。

アトラトルの日本語の情報が少ないですが
ボブさんのサイトthunderbirdatlatl.comは便利。
アメリカではアトラトルはメジャーのようです。

アマゾン(海外)などで完成品が売られてますが
ボブさんのサイトでもフルラインナップで販売中

この古代の投槍器を自分で作る方法ですが
シンプルバージョンはこちらの動画を
本格的なアトラトルはこちらの動画をご覧ください。

MASTERキートンに登場?


浦沢直樹氏の人気漫画「MASTERキートン」に
アトラトル出てたという情報がありました。

主人公の考古学者で元SASのサバイバル教官の
平賀=キートン・太一(ロイズの保険調査員)
が砂漠で振り上げている長い棒のようなアレですね。

さすがは博学のストーリーテラー浦沢直樹氏。
物語にさり気なくぶっ込んできますね。

みやぞん頑張ったけど

スポンサーリンク



花粉症のみやぞんがブタクサに耐えてのロケとか
ちょっと可哀想でしたがよく頑張りました(^^)

最初の頃は力任せにアトラトル投げてましたが
飛距離は伸びず槍もどこへ飛ぶのやら。

リラックスして投げると的に近づきましたが
結局14日目でバルーンにヒットとかお疲れ様です。

このロケって本当に14日もやったのでしょうか。
だとしたら本当にガチでタフな撮影ですね。

まとめ



日本でアトラトルをやってる人は少なそうです。
かなり殺傷能力があるので遊びは無理。
下手すると銃刀法違反でヤバそうです。

山で遭難したときの食料確保のためとか
熊を撃退する手段とかに使えそうです。

これを玩具化してスポーツ競技にしたら
流行りそうな気もしますがどうでしょう。

なんかマスターキトンが読みたくなりました(^^)

「世界の果てまでイッテQ!」一覧

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!