是永昭宏(くれながあきひろ)のプロフィール!視力障害の画家のブレイクスルーとは?



キャプチャ

見えない世界を描く



座頭市やデアデビルなど空想の世界には

視力ゼロでも特殊能力を持ったヒーローがいますが

現実にはそれは大きな障害となります



そんななかわずか視力0.01で絵を描きつづける

天才画家・是永昭宏さんという方がおられます

プロフィール

スポンサーリンク





名前 是永昭宏(これながあきひろ)

1971年生まれ

出身地 広島

1988年に両眼視力障害になったとあるので

高校2年のときから苦しい生活が…


0.01という視力は数メートル先がぼやけ

人の顔の表情も読みと取れなくなります

画家として絵を描くのに大きなハンディーですね

作品の特徴



是永氏のHPにあるアートワーク集

代表的な作品がアップされ誰でも閲覧できます

全体的にどの作品もぼんやりとしています

いわゆる写実主義とは一線を画するもので

是永氏の世界観やポリシーが絵を通して伝わります


私は「輝く銀座」(2008年作)が気に入りました

まるで夢を見ているような幻想的な表現です

是永氏の作品の受賞歴はこちらからご覧いただけます

創作活動

スポンサーリンク





見えない部分が多いということは

そこを描く能力が研ぎ澄まされ

単なる絵画的技法だけでなくもっと哲学的な

アプローチで絵を描かれていると想像します

そこにブレイクスルーがあるのでと思います

現在の活動



光陽会の会員で「あさ絵画サークル」の講師もされてます

自身の作品の発表と後輩の育成にと

精力的に活動の場を広げておられるようですね

是永氏の作品はNPOひろしまインターネット美術館にも掲載

独創的な世界観を楽しめます♪

まとめ



視力のハンディキャップに負けず

信念に基づき創作活動をされる是枝氏に

なんだかちょっと勇気をもらいました

とにかくやってみることの大切さや

諦めずに続けることなど勉強になりますね



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!